更年期の頻尿と尿漏れの原因

更年期の頻尿と尿漏れの原因

 

更年期に限らず、女性の頻尿や尿漏れは、過活動膀胱と骨盤底筋のゆがみが原因で起きると言われています。

 

 

過活動膀胱

 

過活動膀胱は、排尿筋が過剰に収縮してしまうため、尿をためる量が少なくなってしまい、尿意を頻繁に感じたり、急に強い尿意を感じてしまう排尿トラブルです。女性は男性に比べて尿道が短いために頻尿や尿漏れを起こしやすくなります。

 

排尿筋は自律神経のバランスが崩れることによって、過剰に緊張し収縮してしまいます。

 

排尿筋は自分の意志で収縮をコントロールできないため、収縮活動が活発にならないように、緊張せずリラックスすることが大切です。

 

 

骨盤底筋のゆがみ

 

骨盤底筋は、膀胱・尿道・子宮などを支える筋肉で、健康な骨盤底筋は、お腹に力が入ると反射的に尿道口を締め、尿漏れを防ぎます。しかし、骨盤底筋がゆるんでくると尿道口をしっかり締めつけることができなくなり、尿漏れを起こしやすくなります。

 

 

そのため、腹圧性尿失禁といわれる「咳やくしゃみ、重いものを持った拍子に尿が漏れてしまう」という尿漏れが起きてしまいます。

 

骨盤底筋がゆるむ原因は、運動不足、年齢的な筋肉の衰えなどが考えられます。

 

骨盤底筋を鍛えるストレッチなどを行い、ゆるんで収縮する力が弱まった筋肉を強化することが大切です。